岩手・木質バイオマス研究会から定例セミナーのご案内です。


◆第10回定例セミナー「燃料チップの水分を把握するには?」

これまでのチップボイラーに関するセミナーの中で最も重要なファクターは燃料チップの水分量であることがわかりました。 水分量は発熱量や運用に大きく影響しますが、その正確で迅速な把握は意外と難しいものがありました。

今回は、今月発売予定のチップ水分計の開発に至る経緯と、その測定精度などの検証結果についてお話いたします。

 

日時:2月26日(月) 18:30~20:00(予定)

場所:アイーナ7階 

   県立大学アイーナキャンパス学習室1

参加:無料

申込:岩手・木質バイオマス研究会事務局 wbi★xg.main.jp(★を@に換えてください。)まで。お名前とあれば所属をお教えください。定員40名で先着順とします。

 

チラシはこちら↓からダウンロードしてください。

180226水分計セミナー.pdf
PDFファイル 1.0 MB

東北経済産業局からのご案内です。

◆平成29年度「エネルギー使用合理化シンポジウム東北」

東北再生可能エネルギー利活用大賞を受賞した久慈バイオマスエネルギー株式会社が事例発表を行います。

 

日時:2月15日(木) 12:30~16:30(受付開始 12:00~)

場所:仙台市太白区文化センター楽楽楽(ららら)ホール

    (〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町5-3-2、電話:022-304-2211)

主催:経済産業省 東北経済産業局

詳しくは↓をご覧ください。

http://www.tohoku.meti.go.jp/s_shigen_ene/syo_energy/topics/180111.html

バイオマス産業社会ネットワークからの情報です。

バイオマス産業社会ネットワーク第173回研究会

日時:2018年3月7日(水) 15:00~17:00

テーマ:西粟倉村の木質バイオマス利用~ローカルベンチャーによるエネルギー自給の取り組み

~(仮題)

講演者:井筒耕平(村楽エナジー株式会社代表)

会 場:地球環境パートナーシッププラザ

  (東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学1F)

   地下鉄表参道駅より徒歩5分・JR他渋谷駅より徒歩10分

   http://www.geoc.jp/access

参加費:BIN会員 1,000円(税込)、一般:2,000円(税込)

 

※岡山県西粟倉村は、木質バイオマスをはじめとする里山振興で注目されている地域の一つです。

 

※2004年に市町村合併をしないことを決定してから行政が変わり、Iターン、Uターン者たちが現在、約30のローカルベンチャーを立ち上げ、産業と雇用が生まれつつあります。

 

※その一つ、村楽エナジーでは、C材からボイラー燃料の薪を生産しています。

 

※第173回研究会では、村楽エナジー株式会社代表の井筒耕平さんに、新しい時代を切り開きつつある西粟倉村の木質バイオマス利用について、伺います。

 

※参加者の皆さまとともに、里山におけるこれからの木質バイオマス利用について、活発なディスカッションができれば幸いです。

 

※参加をご希望される方は、下記よりお申し込みください。

http://www.npobin.net/apply/

◆バイオマス白書2017小冊子発売のお知らせとインターネット版のご案内

NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)では、インターネットサイト版「バイオマス白書2017サイト版(本編)」を下記にオープンいたしました。

作成にご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました。

http://www.npobin.net/hakusho/2017/

 

トピックス「木質バイオマス利用をめぐる現状と課題」の他、2016年の国際・国内動向などについてまとめたものです。

ご参考になれば、真に幸いに存じます。

 

また、バイオマス白書2017小冊子版(ダイジェスト版)を1冊200円(送料)にて、注文の受付を開始します。A4版フルカラー28pの小冊子です。

 ご注文をご希望される方は、下記のページに要領がありますので、ご参照ください。

http://www.npobin.net/data/

「固体バイオマスの持続可能性確保に向けて」のYouTube配信中です。
 ↑をクリックするとYou Tube画面が開きます。ぜひご覧ください。