◆総会と併催講演会

日時:7月8日(土)13:30~14:30 総会

         14:30~17:00 講演会

場所:アイーナ5階 501会議室

※講演会はどなたでも参加できます。

 今回のテーマは「県内チップボイラー調査結果をふまえた政策提言としての提案」です。(演題は未定。)

 多くの方のご参加をお待ちしております。

バイオマス産業社会ネットワークからの情報です。

「固体バイオマスの持続可能性確保に向けて」のYouTube配信中です。
 ↑をクリックするとYou Tube画面が開きます。ぜひご覧ください。

 

 

◆バイオマス産業社会ネットワーク第166回研究会のご案内

日時:2017年6月10日(土) 14:00~16:00

テーマ:「2016-2017年のバイオマス利用の動向-木質バイオマス利用を中心に-」

講演者:泊 みゆき(NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク理事長)

会 場:地球環境パートナーシッププラザ

    (東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学1F)

    地下鉄表参道駅より徒歩5分・JR他渋谷駅より徒歩10分

    http://www.geoc.jp/access

参加費:BIN会員:無料 一般:\1,000(税込)

 

※2016年後半に開催された再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)調達価格等算定委員会では、バイオマスの持続可能性基準や熱電併給についても議論されました。2017年4月にFIT法が改正され、10月からは2万kW以上の一般木質バイオマス発電に21円/kWhの買取価格が適用されるようになります。

 

※農作物由来のバイオマスにトレーサビリティや持続可能性への考慮を求める事業計画策定ガイドラインが導入され、合法木材推進法も施行されます。また、バイオマスの熱利用も着実に拡大し、バイオガスでも進展がありました。

 

※第166回研究会では、こうした一年間の動向について報告します。今後のバイオマス利用をどう進めていくかについて、参加者の皆さまとともに活発なディスカッションができれば幸いです。

 

※参加をご希望される方は、下記よりお申し込みください。

http://www.npobin.net/apply/

◆バイオマス白書2016小冊子発売のお知らせとインターネット版のご案内

NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)では、インターネットサイト版「バイオマス白書2016サイト版(本編)」を下記にオープンいたしました。
作成にご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました。
http://www.npobin.net/hakusho/2016/

 トピックス「木質バイオマス利用をめぐる現状と課題」の他、2015年の国際・国内動向などについてまとめたものです。

ご参考にしていただければ、真に幸いに存じます。

 

また、バイオマス白書2016小冊子版(ダイジェスト版)を1冊200円(送料)にて、注文の受付を開始します。A4版フルカラー28pの小冊子です。

 

ご注文をご希望される方は、下記のページに要領がありますので、ご参照ください。http://www.npobin.net/data/