活動報告

2018年度(2018年6月1日~2019年5月30日)の活動報告です。

過去3年間の活動についてはこちらをご覧ください⇒2017年度

 2016年度

2015年度

2014年度

◆第12回定例セミナー「いわて型ペレットストーブ発売から16年、岩手のペレットストーブとペレット事情の今」

 

日時:2018年11月14日(水)18:30~20:00

場所:岩手県立大学アイーナキャンパス

(アイーナ7階)学習室4 

講師:鈴木弘美氏(サンポット㈱営業開発課)

   三田林太郎氏(三田農林㈱代表取締役)

参加:無料

参加者:15名

2002年の「いわて型ペレットストーブ」の発売から16年経ちました。

発売後の数年で、県内で広く普及したペレットストーブですが、近年は普及のカーブが鈍くなってきているように思います。

また、県内でのペレット供給事情にも変化がありました。

そこで、今回のセミナーでは、「いわて型ペレットストーブ」を開発、販売しているサンポット㈱鈴木さんから、ペレット燃焼機器の開発状況や販売状況、今後の方向性などについて話題提供していただきました。

また、燃料販売に携わり、自宅ではペレットストーブユーザーでもある、三田農林㈱の三田社長からも話題提供をいただきました。


◆もりおかエコライフ


日時:2018年11月10日(土)、11日(日) 10:00~17:00

場所:イオンモール盛岡(前潟)1階 イーハトーブ広場、共用通路

主催:もりおかエコライフ2018実行委員会

入場:無料

※岩手・木質バイオマス研究会はこのイベントに石村工業㈱、サンポット㈱との共同で出展しました。

 

←11日には代表が木質バイオマスについての説明を行いました。

 


◆2018年度総会と併催講演会

2018年度総会を以下の通り開催しました。

 

日時:2018年7月14日(土)13:30~14:10

会場:アイーナ5階501会議室

 

総会終了後同じ会場で講演会を行いました。

日時:2018年7月14日(土)14:40~16:55

テーマ:地域から考える木質バイオマス利用・花巻編

内容:

「花巻の発電事業~木質バイオマス発電の課題と未来像~」  

  講師:花巻バイオマスエナジー代表取締役 森井敏夫氏

「マツ枯れ・ナラ枯れ対策における被害材燃料利用の

                       有効性と課題」

  講師:森林総合研究所東北支所生物被害研究部グループ長        

                       中村克典氏

「富士大学の木質バイオマスエネルギー利用の検討」

  講師:富士大学経済学部経済学科教授 遠藤元治氏

 質疑応答

参加者:40名

総会併催講演会チラシ.pdf
PDFファイル 237.6 KB